社会インフラの安全を守る株式会社大和総検です。

事業案内

  • HOME »
  • 事業案内

事業案内

非破壊検査
– 目視検査、放射線透過検査、超音波探傷検査、磁気探傷検査、浸透探傷検査、渦流探傷検査、ひずみ測定、漏れ試験、アコースティックエミッション(AE)、レーダ探査、赤外線検査法等

 

構造物診断
– 橋梁、トンネル、その他道路付属物等

 

建築内装工事の設計・施工

 

非破壊とは?

非破壊検査とは、“物を壊さずに”その内部のきずや表面のきずあるいは劣化の状況を調べ出す検査技術のことです。

人類が将来にわたって健康な生活を送るためには、地球規模での自然環境を維持することが不可欠です。

このためには、工業製品や各種設備について、それらの安全性を確認しながら可能な限り長期間にわたって利用することにより、廃棄物を極力減らす努力の積重ねが必要となります。

非破壊試験は、素材からの加工工程及び完成時の製品の検査、設備の建設時の検査などに適用することにより、製品や設備の信頼性を高めて寿命を長くすることに役立っております。

また保守検査の一環として非破壊試験を適用することにより、使用中の設備などを長期にわたって有効に活用することを可能とします。

この結果、廃棄物を少なくして自然環境を維持するために非常に有効な技術です。

このように、非破壊試験は社会の安全を確保するための技術の一つであり、今後ますますその重要性が高まると考えております。

詳しくは・・・非破壊検査工業会HPをご覧ください。
PAGETOP
Copyright © 株式会社 大和総検 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.